2019/06/07

2019年ミュージカル『Les Misérables』まで・・・


2017年版の語る記事初更新から2歳年を取った今読み返してみると、猛烈にアホで見てるのが恥ずかしくなる。これが黒歴史ってやつですか。いや、でもあんな感じだよ同世代は…。私はこの間どんだけ老けこんだのよw

理生さんにハマった瞬間もきっちり残してある…。
あの頃は当然ファンレターなど送る勇気が全くなかったし、本当に好きな俳優も一人で一途だったし、一方的に語るだけのオタクだったってことだよねつまり。でも良い発見も出来た。幅広く好きなものに出会おうと考え始めた瞬間だったよ。その方が逃げ場があるし、精神的に穏やかに保てるみたい。でもやはり本当の推しは脳裏で定着してる。

6/9
ていうかよく考えてみると自分で相葉アンジョって言っちゃうあたり面白いよね( ^∀^) 何でしょう、そんな些細なことでも微笑んじゃいます。凄く心があたたかい。(とある他の俳優(自己中心的で自意識過剰)のファンやってて苦労したから自分を見失いかけてました。)

6/7
かなりご無沙汰しております。相葉さんのファンイベは落選…というか、チケットを2枚購入して1人の情報しか入力していなかったため 応募が無効 になってしまいました。これまたかなり落ち込んでいました。今もですが…。もうあれです、母を付き合わせようとするからこうなるんです。完全にお一人様参戦出来る勇気が出てからにしようと思います!その時は絶対にお邪魔しますよッ!お一人様でッッ!



てなわけで妄想くらいさせてくださいませ。
(2年前とおんなじことやっとるw)









4/11
この所理生さんが福岡で歌宴をするとのことで大阪はまたもスルーされた感じで落ち込んでいた。そんな私は、朝イチで応募しました、相葉さんのファンイベント行きます。2年前ファンミ行けなかったリベンジやで。今度は緊張しても逃げません。



3/28
やっぱかっこいいなぁもうほんと。痩せたので好みだし、やっぱ相葉さんには惹きつけられるw

内藤さんと一緒だと「たーいき」を思い出してしまうけど。
昆さんは私がやりそうな事しますねw ふざけるのたのしーーwww


3/5
全く関係ない話で申し訳ないんだけど・・・

レミゼの前にこれが楽しみでならない。
大阪で歌えそうなのに歌ってくれない方にいつまでも期待するよりいいかなって思った。一度行ってみたかったオーケストラコンサートだし楽しみ。

2/20
今年のガブローシュ、アンジョルラスに抱っこされる子達ですね~。インタビュー内容がかわいらしいです(*´▽`*)面白い子もいらっしゃるw

2/6
理生さんの新作チケットフォルダーがめちゃくちゃ美しい。
星空とダマスク柄、神秘的です。今年のイメージは青でしょうかね(^^)

1/23
今日は披露会。相葉さんが帰ってきた!かなり痩せられてます。病名は公開されていませんが、よっぽど大変な事があったのでしょうか?

1/22
昨日、朝早く起きてチケット申し込み完了です。
でも待ってられなかったので案内メールが届く前に送っちゃいました。(これじゃ日付変わりに送ればよかった)
ところで、何で大阪、北海道、名古屋が同時先行なのかな?

1/11
FC先行は想像以上に後だった。21日からだそうです。頑張ります。

1/10
昨日大阪公演のキャストスケジュールが公開され、木暮さん先行が始まりました。という事は、理生さんの先行も間違いなく近い!今週かもしれませんよ!

1/7
あけおめです~。もう今年です!本当に早い。前回の公演の時のあーだのこうだの言っててもう2年経つんですね。2年後の私どうしてますか?って未来の自分宛てに送ったけど、何も変わってない私。新着PVキター!

海宝マリウスも思ったんだけどさ…マリウスってこういう表情しないといけないんでしょうか?wwwwwww




12/21🎄
デザインはその人のイメージに合わせたり、私好みにしたり。今回はイメージがモットー。QRコードは(怪しまれているのか)読み取ってくれない方もいらっしゃいます。その他で私が出来る限りの事をしました(大げさ)


12/20🎄
好きな俳優に送る✉とか。去年まではこんな事絶対出来なかったのに!「こんなの送ってもどうせ…他の人から凄い感動するものを貰っているだろうし…より、今は好きなんだからとりあえず送りたい!という思いが強いです。これも一歩また踏み出せたんだ。

12/19🎄
いよいよ語るシリーズの開幕です。
前回より多趣味でつい後伸ばしになってしまった。もっと早く作ればよかったな。
去年より真面目に、語りたいと思いますが…
(相変わらずふざけるのも大好き)
ひとまず今は相葉裕樹さんの状況がとても気になっています。上原アンジョが観られなかったのは、相葉さんの回だったからだけど、今はもう悔いはありません。だって、ミュージカルという癒しの空間に出会えたのは、相葉さんがきっかけですからね。大阪の事も愛してくれているし、凄く感謝してるんです。